FC2ブログ

唐澤貴洋弁護士に関わる騒動と仮想通貨(ビットコイン)

ここでは、「唐澤貴洋弁護士に関わる騒動と仮想通貨(ビットコイン)」 に関する記事を紹介しています。
 
私は所謂恒心教徒ではなく,外野からほどほどに唐澤貴洋弁護士に関わる騒動を見ていました.
(弁護士はピンからキリまでいるということが良く分かりました.)
唐澤貴洋弁護士に関わる騒動の中で,仮想通貨(Bitcoin:ビットコイン)は何度も出てきます.
ビットコインの関わる有名な騒動は,主に2つあります.
1つは,ランサムウェア (KRSWLoker) によるビットコインの要求です.
(詳細は wikipedia をご覧下さい.)
KRSWLoker
もう1つは,唐澤貴洋弁護士に関わる某2chまとめサイトによる,某wikiの管理人へビットコインを送ったという嘘に関わる騒動です.
今日はこの唐澤貴洋弁護士に関わる某2chまとめサイトの騒動について少し触れたいと思います.
(ビットコインを全く理解していないお粗末な行為でしたので.)

騒動を簡単にまとめると以下のようになります.
まず,唐澤貴洋弁護士に関わる掲示板(とてつもない名前です)がありました.
そこの掲示板は,レスを使用する場合は1レスあたり三万円をビットコインもしくはAmazonギフト券で某wikiの管理人へ振り込むように要求していました.
そして,唐澤貴洋弁護士に関わる某2chまとめサイトは某wikiの管理人へ六万円分のビットコインを振り込むと宣言し,振込時のスクリーンショットを掲載しました.
ですが,実際には六万円分のビットコインを振り込んでおらず,某wikiの管理人へ振り込んだことにしてくれとメールで懇願しました.
そして,そのことがばれて炎上しました.

さて,何故六万円分のビットコインが振り込まれいないか分かったのでしょうか?
…ビットコインを活用している方なら理解されていると思いますが,公開されているビットコインアドレスにビットコインを振り込んだかどうかは,Blockchain.info等を見ればすぐに分かります.
ビットコインは詐欺やマネーロンダリングに活用されていると言われていますが,その取引は誰でも閲覧できます.
ビットコインのミキシングサービスや他の仮想通貨(Dashなど)へ交換する等をしないと,すぐに足が付きます.
(ミキシングサービスを使っても絶対に足が付かないかというと…)
ましてや,公開されているビットコインアドレスに振り込んだかどうかなんてすぐに分かります.
”ビットコイン振り込んだことにしてくれ“といくら懇願しても,ビットコインアドレスが公開されていればどうしようもありません.

唐澤貴洋弁護士に関わるものたちに嘘をついて,それがばれることがどれだけ恐ろしいことか唐澤貴洋弁護士に関わる某2chまとめサイトの管理人は理解していなかったのでしょうか…
そして,仮にもビットコインをやり取りしようとするならば(ましてや嘘をつくなら),もう少しビットコインを理解しようと努力しなかったのでしょうか…
ビットコインの取引は誰でも閲覧可能ということは基礎中の基礎ですよ…

(唐澤貴洋弁護士に関わると碌なことがないですが,あまりにお粗末な行為だったのでまとめてみました.)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://macminietc.blog.fc2.com/tb.php/177-efd6f19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック